私が7年間のアルバイト経験で得たもの

私の実家は裕福なほうではなかったですが、両親が共働きで一生懸命に働き、大学まで行かせてくれました。その中で両親が経済的に一番厳しかったころが、姉がスポーツ推薦で高校に入学をして、そのスポーツに金銭的に支払いが重なった頃だと思います。

私が中学2年生の時に、毎月のお小遣いは廃止。高校生になると、自分で遊ぶお金は自分で稼ぎなさいと言われ、アルバイトを始めました。当時のアルバイト最低賃金の時給630円からスタート。社会での敬語の使い方も、休む上でのマナーも人間関係を乗り切る術も何もかもわからず。大学を卒業するまでに、お金も稼ぎ、経験数も増やしたいという思いから、単発アルバイトや1か月住み込みのリゾートアルバイトもしました。

高校1年生から大学卒業までの7年間。仕事だけでなく、社会で生きていくためのマナーや処世術など、大切な様々なことを学びました。結婚して、アラフォーにもなりましたが、アルバイトをしてきたことが私の基盤を作ってくれたと思っています。今でも連絡をくれるアルバイト仲間や、パートだったおばさまもいて有り難いです。我が家の子供たちも高校生になったら、社会で働くことを経験して、どんどん外の世界を見てきてほしいと思います。