仕事のできる人の育て方

私はバイトを経験していくつか新たな発見がありました。その中でも特に面白い発見をしたなと自分でも思うことを挙げようと思います。

それがバイトや仕事で後輩、部下ができた時、先輩や上司はどのような対応をしたら仕事のできる後輩、部下を育てることができるかです。

ここからは私の体験談になります。仕事を教えてくれる人には大きく分けて2通り分けることができると思います、その2つとは、優しく丁寧に教えてくれる人、スパルタで厳しい人、です。私がバイト入りたての頃は厳しい先輩に仕事を教えてもらいました。そして、その結果仕事ができるようになったかというと、叱られることに怯えて仕事の動きが硬くなってしまい、それによってミスが増えてまた怒られるというような悪循環に陥ってしまいました。しかし、それから一月もしないうち私の仕事パフォーマンスは飛躍的にのび、様々な人から褒めてもらうことも少なくありませんでした。

では、なぜこんなにも短期間で私が仕事をできるようになったかのかというと、今までスパルタ指導だった先輩とシフトの時間が被らなくなり、それによって余計なプレッシャーから解放されたからです。

そこで私が思ったことは仕事をできる後輩、部下にするには、まず後輩や部下のことよりも最初に自分のことを見つめ、この指導方法がこのひとに合っているのかちゃんと観察し、それに対応して指導方も変えたほうが、仕事のできる人間を育てやすいと思いました。もちろん私には合わなかったスパルタ指導が違う人には合うという事も勿論あると思います。